ABOUT

知ってるかい?羊のこと。

あいつら
めちゃくちゃ美味いんだぜ。
あいつら
めちゃくちゃ暖かいんだぜ。
あいつら
めちゃくちゃ昔からいるんだぜ。

もっと羊のことを
知ってほしいのです。
もっともっと美味しい羊を
食べてほしいのです。
だからSHEEP FREAKSは、
日本中やたまに
世界にも出かけていって、
羊のことをしつこく語り、
羊の料理をこれでもかと振る舞って、
新しい“SHEEP FREAK”を
増やしています。

そこんとこ、よろシープで!

SHEEP FREAKSのやってること、
やれること、やりたいこと
羊の料理でイベント出店
羊料理店のプロデュース
羊メニューの考案
羊関連プロジェクトへの参加
国産羊肉専用加工場の設立
日本各地に羊産業を根付かせる
羊アパレルのプロデュース
羊のことならなんでも

MEMBER

SHEEP FREAKS CHEFS

羊をこよなく愛し、日々羊料理の研鑽に勤しむ
SHEEP FREAKS CHEF。

  • フレンチテクニックと
    羊のマッスルドッキングで、
    みんなの期待を超えていくさー

    佐藤 大典Hironori Sato

    meli melo(北海道・札幌)オーナーシェフ

    [オススメの羊料理]

    • スパイシーな煮込みとクスクス

    1980年生まれ。函館市出身。2013年札幌の円山でmeli meloを開業。2015年5月、現在の場所へ移転。同年8月に渡仏し、パリの3つ星レストラン「Astrance」「Ledoyen」にて半年間の研鑽を重ねる。2017年ミシュランガイド北海道1つ星獲得。“香りと酸味”にこだわり、フランス料理の中に日本人としての感性を盛り込む。

  • 羊といえばTACUBO。
    TACUBOと言えば羊。
    おれは羊派だ!!

    田窪 大祐Daisuke Takubo

    TACUBO(東京・恵比寿)オーナーシェフ

    [オススメの羊料理]

    • 薪で焼いた羊をそのまま齧る

    大阪あべの辻調理師専門学校を卒業後、「アル・ソリト・ポスト」や「アロマフレスカ」などで修業を積み、30歳で広尾に「リストランティーノ バルカ」をオープン。2010年、恵比寿に移転し、オーナーシェフとして「アーリア ディタクボ」をオープン。自ら生産地に足を運び、さらに素材にこだわり洗練されたイタリア料理を提供する。2016年4月5日、場所を変えて恵比寿に「TACUBO」をオープン。薪焼きにした肉を中心に、新たなイタリア料理を提案。あくなき挑戦と進化を続けている。2017年から6年連続でミシュラン1つ星獲得。

  • 羊は知らなきゃ損をする。
    だから学ぶよ、いつまでも!

    米澤 文雄Fumio Yonezawa

    NO CODE(東京・西麻布)オーナーシェフ

    [オススメの羊料理]

    • チャンスン・マハ

    イタリアンの草分け的存在である「イル・ボッカローネ(恵比寿)」で経験を積んだ後、2002年に単身ニューヨークへ。ミシュラン三ツ星のレストラン「ジャン・ジョルジュ」のスターシェフ、ジャン・ジョルジュの目に留まり、わずか3 年で日本人初のスー・シェフに抜擢される。2013年Jean Georges Tokyoのシェフ・ド・キュイジーヌ(料理長)に就任。2018年には「The Burn(ザ・バーン)」をオープン。2020年7月に広尾にオープンした「EAT PLAY WORKS」で中東系ベジタリアン「Salam(サラーム)」レストランとNYミシュラン1つ星のメキシカン「Oxomoco(オショモコ)」のプロデュースを手掛ける。現在はモダン・アメリカン料理 No Codeを2022年7月にオープン。

SHEEP FREAKS WRITER

羊を心から愛するそのペンで、
羊の魅力を伝えます!

  • 羊“なのに”おいしいから、
    羊“だから”おいしいへ!

    江六前 一郎Ichiro Erokumae

    食の編集者

    [オススメの羊料理]

    • ラムラックの塊焼

    2012年から7年間、食の専門誌『料理王国』の編集部に在籍し、のべ400店以上の飲食店を取材した。副編集長も経験。2020年からフリーに。雑誌・web、自治体や企業のオウンドメディアの企画・編集・執筆を通して、レストラン体験の素晴らしさやシェフの個性や独創性を伝える。飲食業界で働く30歳以下(U-30)の若者を集めたオンラインサロン「Food HEROes U-30 COMMUNITY」主宰。

  • PRODUCTS